おすすめガジェット

実際に使ってみて「これはおすすめできるな!」と思ったガジェットを紹介します。*詳細を知りたい場合は画像をクリックして商品ページをご覧ください。

 


DJI OSMO POCKET

116gの軽さで3軸メカニカルジンバル搭載の最強お出掛けカメラです。(右の写真はUlanziのユニットに組み込んで使用している図です)

ジンバル搭載なので当たり前ですが、全然ブレません。

なんと4K60pでの収録が可能!レンズは換算26mmと自撮りするには若干せまく感じますが、実際ミラーレス一眼などを常に持ち歩くのが疲れてしまって億劫な時など、めっちゃくちゃ活躍してくれています。

むしろ一眼持って行こうが行かまいが常にOSMO POCKETは持って歩いています。

サッと出して撮る、そしてサッとしまえてしまう。本当に撮影のハードルが下がるゲームチェンジャーなガジェットと言えると思います。

メカニカルジンバルなので砂や土などで汚したくないし、落下などにも気を付けないといけないので、そういった意味ではGoProの方がアクティブに使う人には向いているのかなと。

お出掛けカメラとしては最高だと思います。あと軽くて使い方も簡単でクオリティの高い映像がとれるのでお出掛けカメラとして女性にもおすすめできると思います。


GoPro HERO7 Black

ジンバルを使わなくても強烈な手ぶれ補正を実現したHyper Smoothや明暗さが激しくても綺麗に撮ってくれちゃうSuper PhotoなどHERO6から見た目は変わらずとも中身は超パワーアップした間違いなく『買い』なアクションカムHERO7です。

HERO3+もフラットカラーが非常に優秀でいまだに現役ですが、ハイパースムーズの強烈な手ぶれ補正は本当に最高です。

4K60pでも手ぶれ補正が効くところもGOOD。あと色味の調整も6よりもさらに良くなっていると感じます。

アウトドアでガンガン使う人はコレ持ってて損はないと思います。


DJI Mavic Air

2018年5月現在、携帯性と画質のバランスが最強と思えるドローン。

プロペラが折りたたみ式で重量わずか400g!

4KやフルHD120fpsなどの超高画質撮影が可能なうえ、3軸ジンバル搭載で全くブレのない映像を撮ることが出来ます。

ドローンも色々な機種がでてきたけど、旅行なんかに持っていくにはコイツがベストなんじゃないかなと思います。


GoPro Fusion

 

360度撮影が可能なカメラ。全天球カメラとかVRカメラとも言うみたいです。

めっっっっちゃお気に入りのカメラです!笑

これ1台でVR映像が撮れるだけでなく、その場のすべてを収めておいて後から場面を切り出すなんて使い方ができちゃう自撮ラーにはありがた過ぎる機能を持った神カメラなんです。

ツーリングで使えば帰宅してから旅の全景を見直したりできるし、大勢で囲んで撮れば一台で何人もの人を同時に撮れたりね、ホントにロマンがあるカメラだと思います^^ъ

ただし購入後の運用方法が明確じゃなかったり、編集環境が整ってなかったりだと辛い思いをしそうなのでその辺りは十分考えたうえで購入した方が吉だと思います。


Panasonic LUMIX GH4

ぼくがYouTubeをはじめてからずーっと愛用している大好きなミラーレス一眼カメラです。もちろんバリアングルモニター。

4K収録、Log撮影(オプション)なんかもできて完全プロ仕様のカメラです。

とにかく軽いわ、画質良いわ、バッテリー持ち良いわ、操作性良いわ、コスパ良いわのスーパーミラーレスです!笑

スチルもそれなりに撮れるので家族と出かける時にはとりあえずこれを持っていきます。

新しい機種も出てるので価格はかなりこなれてきてますね。


Panasonic LUMIX G8

さんざんGH5やGH5s、G9、SONYのαシリーズなんかと迷ったあげく発売されてからだいぶ経つLUMIX G8を2019年3月にサブカメラとして導入しました。

こいつはめちゃくちゃコスパ抜群で超お気に入りで超おすすめカメラです。結果これを選んで大満足しています^^ъ

このカメラ最大の魅力は強力なボディ内5軸手ぶれ補正です。手持ち撮影も歩き撮りもだいぶ心強く使える嬉しい機能です。

Dual I.S.というレンズの手ぶれ補正とダブルで効いてくれる機能もあって、それはもう強烈にブレ補正を効かせてくれます。

Log撮影こそできないものの4K収録、ボディ内手ぶれ補正、バリアングルモニター、豊富なファンクションキーがありぼくの使用環境ではGH4とそん色なく、というかシチュエーションによってはGH4よりも便利に使っています。

GH4よりも後発のカメラになりますが、明るさの補正具合や色味などはGH4の方が好きです、なんとなくですが。

あ、あとバッテリーがGH4よりも小さく動画の撮影時間がGH4よりも短いので予備バッテリーを多めに用意して使ってます。

これも間違いなくスーパーミラーレスです!笑


LEICA DG SUMMILUX 15mm/F1.7

一番使ってる単焦点レンズです。

焦点距離15mmのやや広角のレンズで手に持ってセルフ撮影したり、三脚を使って座りの撮影なんかする時にも使ってます。

F1.7とかなり明るいレンズで画に背景ボケが欲しいときに重宝するし、暗所撮影も心強いです。

画質については正直他のレンズとの違いがあまりわかりませんが、感覚的には綺麗な画だなぁと思わせてくれます。笑

軽い、明るい、手持ちで自撮り可なのでとりあえずコレ付けとけばなんとかなるっしょ的な感じで一番出番の多いレンズです。


LAOWA 7.5mm f2.0

マニュアルフォーカスの超広角単焦点レンズです。

焦点距離7.5mmはGoProの広角かと思うほどのパース感ですが撮れる画に歪みがなくf2.0の明るさは気持ちの良い映像を叩き出してくれます。

マニュアルフォーカスも慣れると面白くなってきます。セルフィー撮影の時はなるべくf値をあげてパンフォーカス気味に使うことでピンボケ予防をしています。

写真のようにフォーカシングハンドルをつけていればf値をさげてもハンドルの角度である程度どの距離にピントが合ってるかわかってくるので便利です^^ъ


SENNHEISER MKE600

超クリアかつ超低ノイズな素敵ガンマイク。

カメラの上に乗せてもフォーカス駆動音を全然拾わないのが良。

通常XLR端子での接続なんだけど、KA-600というコネクタでミニステレオプラグに変換して使えるというのもポイントが高いです。

単三電池1本で150時間程度使えます。


RODE VideoMicro

小っちゃいのになかなか音の良いガンマイク。

[MKE-600]がデカいので野外撮影の時はこれを使うことが多いです。

標準でしっかりしたウィンドジャマーがついているのもGOOD!!

プラグインパワー方式なので電池を気にすることもなく、スイッチの入れ忘れもないのでぼくの使っているマイクの中では「使い勝手」「音質」「取り回し」のバランスが一番良いガンマイクです。

[MKE-600]のショックマウントに乗せて使っています。


Audio Technica AT9912

音はある程度犠牲にしてもとにかく軽装備で行きたい時に使っている超小型の指向性マイク。

質量7.3gと圧倒的に軽いです。軽いというかもうコレならつけてないに等しいくらい。笑

↑の2つには劣るけど、全くもって使える音質です。(Panasonicの同価格帯のガンマイクなんかよりホワイトノイズ少ないし断然良いマイク!)

適当なウィンドジャマーをつけてこんな感じで使ってます。

指向性があるのでセルフ撮影とそうでない時でマイクの向きをクルクル変えられるのも良いところだと思います。

とにかく小さくて軽いので気に入って使ってます。


Personal Camera Buddy

パーソナルカメラバディといってアクションカムをマウントして3人称視点の撮影ができる見た目変態ガジェットです。

購入当時日本のショップではどこも扱っていなかったんですが、どうしても手に入れたくて初めて個人輸入にチャレンジした思い出深いガジェットです。

バイク走行以外にもカヌーやサーフィン、SUP(どれもやりませんが)とかに使っても面白い画が撮れると思います。

使用するには人の目を気にしない精神力が必要ですが、他の人がやっていないような画角が手に入るのでそういう意味ではおすすめです。


以上、おすすめガジェットの紹介でした!

 

*Amazonアソシエイトリンクを使用しています