DJI Mavic Airを使ったドローンLIVE配信の方法!YouTube編

どうも、ドローン大好き川井浩二です!

昨今じゃあドローンもだいぶ普及してきた感がありますが、みなさんドローンはお持ちですか?

 

小型化も進み今やバッグにポンッ!ポケットにスッ!ってのも可能なくらいですもんね、すごい時代です。

 

ドローンで空撮して、それをSNSにアップしたりなんていうのもポピュラーになってきましたね!

 

んで今日はそんなドローンを使ったLIVE配信の方法を取り上げてみようと思います。

 

T氏
ライブ配信?そんなん難しいんじゃねーの?
川井
フフフ。DJIのドローンを使えばとっても簡単だよ
T氏
え!?マジすか!つってもオレはLIVE配信なんて興味ねぇけどな

 

 

そうなんです、LIVE配信といっても今の時代全然ハードルが高いわけじゃないんですよね~

LIVE配信自体にまだニーズが少なそうですが・・・とりあえずやり方を説明していきまっす!

 


DJIドローンを使ったLIVE配信のやり方!


僕が持っているのはDJI SPARKとMAVIC AIRの2機種です。

DJIには他にもPHANTOMシリーズやMAVIC PRO、INSPIRE2なんて機種もありますが、基本的にどの機種でもLIVE配信をすることができちゃいます。HD720p!十分キレイです༼༶ྊ๏ི ༭ ๏ྃྊ༶༽ぐひひ

 

まずは「DJI GO 4」アプリをダウンロード!ってDJIドローンを使ってる人ならみんな入ってるはずですよね。

 

じゃあ「GO FLY」をタップしてフライト操作画面に移りましょう。

 

右上からメニューを開いて~

ライブ中継プラットフォームを選択します。

今回はYouTubeを選択しまっす!

ログインをタップして~

続けるをタップ!

任意のアカウントを選択してください。

「DJI GO4」アプリがYouTubeアカウントを動画の管理をすることを許可します。

無事ログインできたら、「go live」をタップ!

 

動画のタイトル(必須)と必要なら動画の説明を入力してください。

「公開」と書かれた部分をタップすると~

7

公開範囲を設定できます。

「公開」は世界中の誰でも観られる状態のことですね。

「公開しない」は完全非公開。アーカイブにLIVE動画自体は残るので後で観返したり、公開することもできます。

「プライベート」は限定公開ですね。LIVE配信のURLを知っている人だけが観られる状態です。

今回はテスト配信なので公開範囲を「プライベート」にしておきます。

そして「ライブ配信します。」タップ!!

この状態ではまだ配信は開始されていません、はい

インコーダ起動をタップして、

 

続いて中継開始をタップ!!

いよいよここからライブ配信がスタートです!!

左上にライブの経過時間、フレームレートが表示されています。

そして赤いアイコンをタップすると~

↑こんな画面になります。

下の「共有」をタップすればメールやツイッター、LINEやフェイスブックでもLIVEのURLをフォロワーや知り合いに共有できます。

「ライブを中止します。」をタップすればLIVE中継を終了することが出来ます。

はい、これで完璧!あなたもドローンLIVE配信マスターです(๑˃̵ᴗ˂̵)و

 

さあ、いかがだったでしょうか?

ハードルが高そうなイメージだったドローンLIVE配信も意外と簡単だということがお分かりいただけたんじゃないでしょーか༼༶ྊ๏ི ༭ ๏ྃྊ༶༽ぐひひ

川井
この記事がお役に立ちましたらぜひシェアボタンを!ツイッターインスタもやってますんで良かったらフォローおなしゃっす!

では(@^^)/