render

Fuzz Faceレイアウト&回路図

基板以外の配線はこちら
<材料表>
ケース、ステレオジャック、モノラルジャック、フットスイッチ
電池スナップ、ユニバーサル基盤、ハンダ
50kポットBカーブ、1kポットBカーブ、500kポットAカーブ
抵抗-1M、100K、33K、8.2K、470R
コンデンサ-0.01uF、2.2uF(電解)、22uF(電解)
ダイオード-4001等
トランジスタ-2SC1815×2
必要なら-3mm又は5mmLED、DCジャック

トランジスタはシリコンの2SC1815を使いました
2SC945も試してみましたが音に顕著な変化はありませんね

とっても簡単な回路ですんで初めてのエフェクター制作にはもってこいではないでしょうか~
などと言いつつ私は回路無知なもんでトランジスタの足の向きなんかでつまづきましたけども

初めて制作される方はトランジスタの足にだけ気をつければなんとかなると思います

型番によってE・B・Cの配置が変わりますんで
データシートを見るなりテスターで調べるなりするとよいですよ

AC128というゲルマニウムトランジスタでも作ってみたいのでそちらのレイアウトも作ってみました!

 

Fuzz Face(AC128 PNP)RENDER&PCB


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。