EvernoteからOneNoteへの移行方法と使用した感想

こんばんは川井浩二です。

前回記事に書いたように、Evernoteの仕様変更により無料プランでは同期できる端末が2台までとなってしまい非常に使い辛くなってしまったので、MicrosoftのOneNoteを使ってみようじゃないかというコトになりました。

マイクロソフトが公式に移行ツールを公開してくれているので移行作業はとっても簡単でした。

↓まず移行ツール「OneNote Importer」をダウンロード!

02

 

↓ダウンロードした「StartOneNoteImporter.exe」を実行する。I accept the terms of this agreementにチェックを入れ同意し、Get startedボタンを押す。

03

 

↓インポートするノートブックを選べるみたいです。私は24のノートブック全てをインポートしました。(選択する必要がある方はインポートしたいノートブックにチェックを入れる!)

04

 

↓「マイクロソフトアカウント」または「学校か仕事のアカウント??」でサインインするか、マイクロソフトアカウントを作れと出てきます。

私はマイクロソフトアカウントでサインイン。

05

 

お次はエバーノートで使っていたタグを引き継ぐかどうかを選択します。私はタグも多用しているのでもちろんタグを使う方にチェック!

 

↓いざインポートボタンをクリック!!

07

 

↓さあ、インポートが開始されました。ここまでの作業はとってもかんたんでしたね^^

インポートに要する時間はノートの数や取り込んでいる画像などのファイル容量によっても変わってくると思いますが、私の場合ノートブック24個、ノート1270個でインポート完了まで約70分かかりました!いやー思ってたよりも相当かかりましたね^^;

09

 

早速ワンノートを開いてみます。

が、何もはいっていません・・・ 左上のメニューを開いて、その他のノートブックを選択するとクラウド上にインポートされたノート達が出てきます。

そうか!PCにインポートしてたんじゃなくてクラウド上にアップロードしてたのね。(どおりで遅いわけだ。)

↓この中から開きたいノートブックをクリック!

sonota

お~!入った入った!

09

でもこれ、いちいち開きたいノートブックを一度メニューから選択しなきゃいけないってのは手間です。

やはり勝手に同期して全部のノートが表示されていて欲しいもの。

 

ノートの総数は表示されませんがざっと見たところ、ちゃんとインポートできているようです。

ワンノートにはタグの機能がないようで、今までエバーノートで使用していたタグはセクションというものに置き換えられています。

ちなみに

Evernoteでいう「ノートブック」はOneNoteでは「ノート」に、

Evernoteでいう「ノート」はOneNoteでは「ページ」になります。

 

そうそう、iPhone用のOneNoteアプリも入れました。

↓こんな感じ。ちゃんと取り込めています。こちらはいちいちノートブックを1つずつ取り込まなくてもサインインしたらすべてのノートブックが表示されました!(PC版よりこちらの方がサクサク使えそうな感じです。)

写真 2016-07-07 23 16 55

 

まだちょっとしか使っていませんがひとまず感想をまとめてみますと。

うーん、正直使い勝手はEvernoteの方が上な気がします。

まぁ、今のいままで使ってたんだから当たり前っちゃ当たり前なんですが。何が使いにくいってまずはタグに代わるセクションです。

Evernoteの場合、タグを選択するとノートブックの垣根を超えて同じタグがついたノートが表示されます。これは便利。

ところがOneNoteではセクションを選択しても、同じノートブック内のセクションしか表示されないんです!つまりノートブックの垣根を越えられないってこと!これは不便だなぁ。

 

あとは、OneNoteの方が検索機能が弱いです。Evernoteが強いとも言えますが。

Evernoteでは添付されたPDFの文字列や画像の中の文字列まで読み取って検索してくれるのですが、OneNoteでは残念ながらできませんでした。

 

まぁ、不満はこれくらいなんですが、うーん困った。

OneNoteに移行してハッピーになるつもりが、あらためてEvernoteのすばらしさに気づかされちゃいました( ´_ゝ`)

 

Evernoteの仕様が変わる8月8日までの間はOneNoteも触りながらどうしようか考えてみることにします。

は~ぁ、今のところEvernoteの有料プランにしてしまいそうな予感が・・・

 

では(@^^)/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Facebook