基板以外の配線

基板以外の配線図でございます

エフェクターの自作を始めたときにはこの配線方法がわからず随分苦労した覚えがあります

私も自作を始めて長くはありませんが、これから自作に挑戦される方の参考になればと思い
出来るだけわかりやすく図を描いてみました まぁ、ありきたりな図ですけども

必要なパーツ
・ステレオフォンジャック
・モノラルフォンジャック
・フットスイッチ(3PDT)
・DCジャック
・電池スナップ
・LED
・抵抗(LED用:1K~4K位)
・1N4001(ダイオード)

この配線図ではステレオフォンジャックをスイッチ代わりにして、
インプットにプラグが挿さっていない時は基板に電気がいかないようになっています

抵抗はLEDにかかる電圧を調整するモノで、低い値にするほどLEDの発光は強くなり、
高い値にするほど弱くなるようです
LEDには動作電圧の範囲があるようで、電圧が低すぎると発光せず、高すぎると壊れてしまうのでご注意を

私はいつも適当にしてますが、大体2K~4K位の抵抗を使えば問題ないと思います

ダイオードは逆電流を防止し、回路を保護するためにあるようです

参考になれば幸いでございます~

基板以外の配線


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Facebook