Sweet Honey OverdriveとLandgraff DODを試奏しました♪

今日何気なく立ち寄った横浜の石橋楽器にMad ProfessorのSweet Honey Overdriveと
Landgraff DODが置いてあったので試奏させてもらいました

価格はSweet Honeyが¥42,000でLandgraff DODがなんと¥100,000

ギターはフェンダーのストラト(ピックアップはSSH)、アンプはジャズコ

Landgraff DODのほうは以前自作していますから好奇心で試奏しちゃいました

店員さんに色々と説明してもらいながら、まずはLandgraff DODを試奏
「ジャラ~ン」よい音してます
ただ自作したモノとほとんど印象は変わりませんね 自作って素敵っ

日本語の説明書があるというので見せてもらいましたが
それにはスイッチの位置が
DOWN – TSモード(各モード中で音量は最小)
MIDDLE – マーシャルモード(各モード中で音量は最大)
UP – ダンブルモード
と書いてありました。

Landgraff DODってLEDクリップのモード(各モード中で音量は真ん中)が
マーシャルモードではないのでしょうか
ちょっと困惑でございます

続いてSweet Honey Overdriveを試奏
「チャラ~ン」コレすごくいいです

程良く張った音でコードの分離感が抜群です
歪みは強くなく、ゲインをいっぱいに回してもクランチ気味のオーバードライブといった印象。

コレ欲しいなぁ~、でも¥42,000は高いなぁって感じで店をあとにしました

Honey Bee OverdriveってSweet Honey Overdriveと似ているんですかねぇ
ちょっと作ってみたくなりました

というかMad Professorのペダル全般に興味が出てしまいました
MIGHTY RED DISTORTIONも作ってみたい~

どちらも回路図見たコトありませんけど・・・


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Facebook