Crunch Box Distortion 17V 完成

MI Audio Crunch Box Distortionの17Vバージョンです

ケースはRebote Delayに使用していたモノを使ったので
短時間で完成させるコトが出来ました

クリッピングはトグルスイッチで切り替えられるようにしております

ツマミは左から
LEVEL
TONE
GAIN
です

コイツはすご~く歪ますよ
それに、とにかくがします

クリッピングには実機と同じ赤LED5mmの対象と、ライトグリーンLED5mmの対象をチョイスいたしました
ライトグリーンは赤と比べると、若干高音が暴れる印象になります

個人的にはもう少しスッキリした音にしたいので今度じっくりクリッピングテストしてみたいですね
黄色LEDあたりを使えば少しスッキリするかも!なんて考えてます

音質はPROCO RAT2に似ていると感じたのですが
RATと違いゲインを上げてもブーミーにはならないようです

あとRATはトーンツマミを左に回すと低音が抑えられていく感じがありますが
コイツはトーンをいじっても音の太さが変わらず、高音の出方だけが変わる印象を受けました

トーンをかなり上げめにしてもキンキンした感じにはならず、アンプとの相性や設定によっては
コモって感じてしまうのではないかとも思いました

一人で弾いている時は、太い音が気持ち良く感じそうですが
アンサンブルに入った時はこの音のぶっとさが鬱陶しくならないかがちょっと心配でございます

ジャリジャリとした感じではなくブリブリでもない、
レンジは広めのようですが、中音域はそんなにでていない印象です。

なんとも表現が難しいのですが、硬い音ではないと思います

私はゲインを低めでトーンを上げめにした設定が気に入りました

しかし、ディスト―ションの質としては以前製作したHAO RUST DRIVERのほうがツボでしたね

いつかRUST DRIVERにトーンコントロールを付けたモノを製作したいです~
(トーンの付け方なんてわかりませんけど

ということで、いよいよ回路の勉強をしたくなってきてしまいました

どんどん深みにハマりそうでございます


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Facebook