MAESTRO FSH-1完成

MAESTROのFSH-1 FILTER & SAMPLE HOLDです

かなり苦労しましたが、やっと完成いたしました~

ガチャガチャいじっていたので使う前から塗装ハゲ気味でございますね

ケース左側面にある2つのトグルスイッチはフィルターモード/サンプル&ホールドモードの
切り替えとフィルターモードのワウの掛かりをアップ/ダウンで選択出来ます

ツマミは
DECAY
ATTACK
RESONANCE
RANGE
S/H SPEED
です

設定しだいでかなりエグい音がでて面白いです、コレ

ただツマミが5個もあるので、慣れないとパッとおいしい音の設定に
できない難しさはあると思います。

フィルターモードはシーケンスワウでございますね
ピッキングの強弱に反応して「クヮッ」とか「クヮアァ~ン」といった感じに鳴ってくれます

このモードはさらにワウの掛かりをアップ/ダウンと選べます。

ダウンが良く耳にする普通のピッキングワウの音でございますね
アップは「ピヨッ」「ポヨ~ン」といった感じで、ちょっとギターシンセっぽいです

サンプル&ホールドモードはステップシーケンスワウと言われるモノのようで
「ピロピロクワクワ」とランダムに鳴ってくれます

言葉で表現するのは難しいのですが、以前の記事に載せた動画を見ていただければわかると思います

今回、クロックノイズ対策として配線材にはシールドケーブルを使用したのですが
やっぱりフィルターモード時に少し入ってきてしまっているようです

ダウンの時はさほど気になりませんが、アップの時は結構気になる感じでございますね~

先日まるさんに頂いたコメントによると
S/Hモード用のICを抜けばクロックノイズは消えるとのことでしたので
ライブやなんかでフィルターモードのみ使用する場合はこんな対応策もあるってコトですね

FSH-1に関する情報って少ないと思うのですが
色々と調べているとノイズ対策で興味深いモノを見つけてしまいましたよ

なんでも「Q1のノイズ用トランジスタをBC184に変更」するコトでクロックノイズを撃退できるそうでございます

BC184が手元にないのですぐには試すコトが出来ませんが、今度やってみようと思います

ひとまずはコレで完成ということで


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Facebook