BOSS CE-2基板実装

BOSS CE-2の基板でございます
先に製作したDeep Blue Delay同様、PASさんのプリント基板を使わせていただきました。

サクサク部品を載せてゆき、あっという間に実装は完了

しかし、いざ音出ししてみると鳴りません・・・
ドライ音しか聴こえず、どのツマミをいじっても変化がない状態。

アレコレ調べていると47uFコンデンサの極がプリント基板の表示とPAS付属の配線図では逆であるコトが判明
(↑私の使用したプリント基板は旧バージョンらしいので、現行のモノは修正されていると思われます)

加えて、プリント基板上でトランジスタの向きを示すマーク( D←こんな感じの)と
接続する足を指定するE・B・Cの表記があべこべになっているコトも発見しました

「まったく~」なんて思いつつ、それらを修正して再度音出し・・・また鳴らないっ

こうなるとお手上げになってしまいますが、今回はPASさんで購入したモノなので
基板の表記とレイアウトに相違点があるコトも併せ、問い合わせてみました

PASさんの返答によると、レイアウトは配線図が正しいというコトと
ドライ音しか鳴らないのは「一言で言ってしまうとハンダ不良です。」とのコトでした

あとは「歪み系等と比べるとインピーダンスが厳しいようで、ハンダミスによって抵抗が発生するなどの原因で動作しない場合がある」とか

「その他の原因としては、回路図の下半分の部分でどこか不具合があります。
この場合は部品交換で直る場合もあります。」とか

なるほど~勉強になりました

その後アレコレいじってみたのですが鳴らなかったので
またもやPASさんにお問い合わせ。

PASさんの修理サービスを利用させてくださいとお願いしてみたトコロ、
こころよくしていただきました

修理代金は不良の内容にもよりますが、基板ごと交換となると\7,000ほどかかってしまうとのコト
作り直すコトが出来るような金額ですが、トライ&エラーに疲れ切っていたため、お願いさせていただきました

1ヶ月ほどで修理からかえって来たCE-2の基板。

さっそく音出ししてみると鳴りました!!
キレイなコーラスです

PASさんによると原因はMN3101の不良ということで
代金も「部品代だけ」と良心的に対応していただきました

プリント基板で製作したにもかかわらず失敗してしまったので、かなりショックを受けたのですが
無事完成してよかったでございます

PASさんの親切な対応に感謝


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Facebook