MXR PHASE 45MODレイアウト

MXR PHASE45のレイアウトです
MOD部分は松美庵さんの製作記事を参考にさせていただきましたm(_ _)m

このレイアウトはQ1・Q2に2N5952を使用する前提で作ってありますので
2SK30を使用する場合、足の配置に気を付けてくださいませ

あとフェイザーを製作する場合、2つのトランジスタはマッチングされたモノを使用しなければ
期待するフェイズ効果は得られないようでございます

これはとても重要なコトのようで、マッチしていないモノを使用すると最悪エフェクト自体かからなく、
しっかりマッチしたモノを使用すると効果の深いフェイザーを作るコトができるようです。

FETのマッチングはテスター、9VDCアダプター、DCジャック、ピンソケット
があれば結構簡単にできてしまいます

詳細については松美庵さんのサイトにある「豆知識&マニュアル」を参照していただければわかると思います

私は2N5952を6個しか用意しませんでしたので多少不安でしたが奇跡的()に
誤差1%以内(0.01mA差)のペアができました

ギャレットオーディオさんでマッチング済みのFETも販売されていますので
よくわからないという方はソチラを購入する方が手間もなくオススメでございます

↓以下MOD部分の説明

トグルスイッチは、フェイズの1段目と2段目のコンデンサを10:1にすることでユニヴァイブ
のような効果が得られるというモノらしいです

LEDはエフェクトON/OFFのインジケータ及び、
フェイズのスピードに合わせて点滅するようになっているようです

ノーマルのPHASE45よりもフェイズスピードをあげられるようになっているようです

BIAS調整を付け、エフェクトのかかり具合を調整することで
音やせのないポイントに設定したり、いかにもフェイザーかけましたっていう音にしたり出来るそうです

ドライ音とウェット音をMIX出来るようになっているようです

ICを色々と換えてもエフェクト音が変わるようですので
試してみると面白いかもしれません

Phase 45 MOD


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Facebook