Dimension Loop Box完成

2ループのラインセレクターです

詳しい仕様は前回の記事に書いた通りになります

フォンジャック9個、スイッチ4個、DCジャック1個が付いていますので
とにかく穴開けと配線が大変でした

↓中はこんな感じ

20100504174526

配線本数はそこまで多くありませんが
ジャックが密集していてやりずらかったです~

バッファは入ってないのでパッシブのラインセレクターになりますね

DCジャックからの電源はLEDにしか使われていませんので
電源供給しなくても使用するコトは可能になっています。

ハイインピーダンスで入力した場合、ループに接続している
エフェクターによっては誘導ノイズが入力直後の音信号に乗ってノイズがひどくなったり
時には「ピーーッ」という発振音のようなモノが入ってしまいます

たくさんのペダルを通過した信号がこのループボックスに集まってくるのですから
ノイズ処理は重要になりそうでございます

私はコイツの手前にバッファをかませているので大丈夫ですが
元々バッファ内蔵にしてみてもよいかも知れませんね

各ループ選択時のインジケータは3色LEDを使い5色に分けてみました

↓こんな感じ

DLB-1スイッチ高さ&LED

左から
ループ1-青・ループ2-緑・ループ2(ループスライド時)-赤
ループ1&2-青緑・ループ1&2(ループスライド時)-紫になります。

フットスイッチの高さが違いますが、失敗したわけではございませんよ~

コイツはタテ置きで使用しますので
手前のスイッチを低く、奥を高くするコトで同時に踏む時に便利になりました

あとこうすると奥のスイッチだけ踏みたいときもちょっとだけ
踏みやすくなります

必要にして十分な機能を持ち、スッキリとペダルボードに収まるモノが出来てよかったです~

エフェクターを自作したコトのない方でもこういったラインセレクターやA/Bボックスと呼ばれる
モノは製作が簡単ですので製作してみてはいかがでしょうか


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Facebook