FSH-1 SAMPLE HOLDが・・・

先日スイッチ周辺の配線が怪しいとにらみ、思い切って配線を全てやり直してみましたが
S&Hモードは鳴りませんでした

その結果以前は効いていなかったFILTERモードのATTACKツマミが効くように

それにより音作りも容易になったのでFILTERモードはもうばっちりでございますね

しかし、シールドケーブルではなくノーマルな線材を使用したため
クリックノイズが入るようになってしまいました~

まぁ、とりあえずの配線ですのでS&Hモードがちゃんと鳴るようになった時、再びシールドケーブルで
配線し直すつもりでございます

そもそも私はS&Hモードの音が欲しくて制作を始めましたので
このままではあきらめきれませんです~

私の作ったFSH-1のレイアウトはTONEPADのレイアウトを参考に制作しているのですけど
TONEPADの回路図とレイアウトを照らし合わせてみるとQ6-BF245Aの足の使い方が
違っているようでございますね

回路図通りレイアウトするならばBF245Aの足はそれぞれ
Q2・Q5が イメージ 2 、Q6が イメージ 3 となるはずです。

私が使用しているFairchild社のBF245Aは イメージ 4 となっていますので
Q2・Q5・Q6の配置にそれぞれ合わせてやる必要があります。

がしかし!回路図に合わせて実際に配置してみてもS&Hモードはウンともスンともいいません・・・
その後、足の配置を変えちょこちょこテストしましたがダメでした。

こうなると回路オンチな私にはもうどうしていいのかわかりませ~ん

あとちょっとで完成するとような気がするので余計に悔しいでございます

どなたかFSH-1を製作したコトがあり、正解をご存知の方が居りましたらアドバイス頂きたいです
ヘルプミープリーズ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Facebook