Landgraff Dynamic Overdrive内部

Landgraff Dynamic Overdriveの内部でございます

これは私が7台目に制作したストンプボックスですね

ケースは毎度のタカチ7-10-3

コンデンサにはKEMETとSpragueのタンタル、WIMAのフィルム、51pFはシルバーマイカ
を使っています

これより前に制作したストンプボックスまでは部品の銘柄等に全く興味がなかったのですが
今回は自分なりに初めて部品の種類を工夫して使ってみました

ですので作りも出来るだけキレイになるようにとこの頃からやっと思い始めましたね
が、今現在ではやはり部品の選定にもあまり熱くなれず、作りもおざなりな状態でございます~

まぁ元々実機の音マネには興味がなく、作りに関しては自分で使うモノだしってな感じで

クリッピング部は現在はオレンジLEDと1N914非対称に変更しています

オレンジLEDと赤LEDはほとんど差は微妙で、オレンジの方がほんの少しだけ
高音が削られ体感的な歪みが増したように思います

1N914非対称は対象と比べると音量が若干上がり、音質の方はスッキリする印象でございますね

GAINツマミはBカーブだと9時位から急激に上がってしまう感じでしたので
Aカーブに変更いたしました

この変更でクランチあたりの歪み調整が格段によくなりましたよ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Facebook