Z.vex SUPER HARD ONレイアウト

と~っても簡単な回路でございますね
私の制作したモノの中では一番簡単にできました

買えばウン万円ですから、興味のある方は是非自作してみてくださいませ~

R4の100K抵抗を可変抵抗にすることで、マスターボリュームを追加することができるようですよ

Q1のトランジスタはBS170を使用しておりますが2N7000でも問題なく動作しました。
(2N7000の場合足の向きが逆になります)

小音量での検証しかできておりませんが、目立った音の違いは感じられませんでした

ついでと言っては何ですがThing Modulatorとの合体バージョンのレイアウトも載せておきます↓

Thing & SHO render

ご覧の通り各回路を直列に配置しただけでございます~

これはThingの音量調整のために合体させたのですが、
リングモジュレーターはあまり使うことがなさそうなのでトグルスイッチを使い
Thingをバイパスし、SHOのみで使用することもできるようにしてあります

こちらのSHOはマスターボリュームをつけたモノですね。

ここではThingをバイパスすると同時に電源供給を断つということがキモでございます~

Thingバイパス時にINをGNDに落としてもキャリア漏れ音(←キャリア漏れ?よく知りませんけど)
が平然と乗っかってしまうんですよ

この問題に関しては電源供給ごと断つことでOKでしょう


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Facebook