KLON CENTAURレイアウト(バッファあり)

フットスイッチの配線が分かりづらかったので修正しました

今回私が制作したCentaurは、しゃけさんのレイアウトをそのまま使わせてもらったので
こちらで紹介するわけにはいけませんが、それでは寂しいので・・・

freestompboxesに載っている最新の回路図を元にレイアウトを作成してみました
回路図は2009年4月15日と日付が入っているもの

以前のものとはだいぶ定数が違っていますね~

回路図はネットで探せば簡単に見つかると思います

実機はバッファを通過したバイパス音が太くなる!との評判なので
バッファは付けました

ケンタウルスは評判も非常に良く、販売価格もかなりお高めなので
自作派の多くの方々がすでに制作されていますね。

でもまだまだこれから制作にチャレンジされるという方も多いのではないでしょうか

以下補足です
・抵抗値の横に1%と記載されているモノには金属皮膜抵抗を使用してください
・コンデンサの値の横に記載されている○○Vは耐圧ですので部品購入の際は注意してください
・C16はタンタルコンデンサを使用します。極性があるので注意してください
・Gainポットは2連のモノを使用してください。ポットを分けると調整が難しくなるようです。
・回路図にはフィルムコンデンサにPanasonicのECQシリーズを使うと記されています

当たり前のことで失礼しました

私はまだこのレイアウトで制作をしておりませんので、
このレイアウトを元にこれから作ろうという方は回路図と
よく見比べながら制作するようにしてくださいませ

そのうちこのレイアウトでも制作してみるつもりですので、
間違えがありましたらその時修正いたします

KlonCentaur (buffer out)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Facebook