SHIGEMORI RUBY STONE☆

シゲさんとモリさんのRuby Stoneです

アルミ削りだしボディがずっしりと重く見た目も美しいペダルでございます~

以下自宅環境での使用感になりますが

ピッキングニュアンスが非常にでやすいので
正に表現者のためのペダルといった感じ

繊細な表現をなさるプロのギタリストの方々に定評なのも納得です

コレを使うと今まで自分がいかにぬるま湯温泉につかっていたかを痛感してしまいますよ・・・
コンプ感と多歪みというぬるま湯にね

でもね、とっても心地のよい音がするので私のようなヘッポコでも
弾いていて「そりゃもう気持ちいいのなんの!」って感じなのです

ピッキングに対する反応速度も半端なもではないですね。

倍音の感じと出ている周波数の感じも初体験のものでした

なんと言いますか、包み込まれるような低音域がボーンと出ていて(140~160Hz位でしょうか?)
マイルドなんだけど音の分離感よくコードを弾いても高音がピーンと前に出てきます。
(周波数とか言ってトンチンカンなこと言っていたら恥ずかしいあとボーンとかピーンとか

これに似たペダルって私の使用してきたモノの中には見当たりませんですね~

Shigemoriのペダルにはものすごい職人魂のようなものを感じます。
なんといいますか、真に良いものを作りたいという気概がもうビンビンに
(↑モリさんのブログを拝見して思いました)

こうなるとパンツも気になってしまいます~
まぁ高値の花ですけどもね 

今度の日曜はスタジオインなので思いっきり活躍させてしまいましょう
(ただしこのペダル、奏者の技量が明確に出てしまいそうなので
「今日気づいたけんども、あんたヘタクソやん!」なんて言われないといいんですが(*ノωノ)イヤン

えっ!?前から思ってたから今更気にならないって・・・(*ノノ)それもイヤン

音に関する詳細な感想はスタジオで使用した後に書いてみようと思いまっす

イメージ 2


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Facebook